二つの方法の選択基準

エステティシャン

トラブル回避の為に必要な事

二重の整形には埋没法と切開法という二つの方法がありますが、求める効果や費用などをトータル的に判断し、どちらかを選択する事になります。埋没法は簡単に言うと糸を使い縫う事で二重の癖付けをする方法で、短い施術時間で出血や施術後の腫れなどのリスクが少ない、人気の施術でプチ整形と言われています。埋没法は費用も整形のカテゴリーの中では安価ですが、強く擦ったり時間の経過などで癖付けが取れてしまうので、恒久的な効果を求める場合には向いていません。切開法はメスを使い、皮膚を切開したり脂肪を除去して二重のラインを形成する方法で、恒久的な効果と自然な仕上がりが期待出来ます。切開法は恒久的な効果を得られますが費用が高額になる事や、失敗するとやり直しが難しいので実績豊富な信頼出来る美容外科を選ぶ事が重要となります。また、切開法の場合は埋没法と比べ施術後の傷口の回復や生活の制限なども踏まえなければいけないので、ある程度の期間仕事などを休む段取りなども必要となります。

美容外科を利用して二重の整形を検討する場合、初めての際は特に踏まえておくべきポイントやマナーがあります。一番重要となるポイントとなるのは、二重の整形に関する施術そのものや施術後のトラブルを回避する為に、必ず避けて通る訳には行かない道があると言う事です。特に注意が必要なのは切開法を選択する場合になりますが、切開法は恒久的効果が望める一方費用が高額で、仕上がりに納得できなかった場合やり直しが難しいからです。そうならない為に、美容外科と施術を受ける本人双方がウィンウィンとなる為に、何項目にも及ぶ事細やかなアンケートとカウンセリングを、実施しなければいけません。また、施術を受ける場合には身分証明書を提出したり、同意書を提出するなどの手続きや準備も沢山ありますが、これもトラブル回避の為には必要不可欠です。そして大前提となるのは、保健外医療で高額な費用を確実に支払う事になりますが、これは現金またはクレジットカード、ローンなどの方法で準備しなければいけません。