手術の違いと特色

女性とエステシャン

気兼ねなくできる埋没法は人気がある

気軽に安い費用で二重整形ができる時代になりましたが、それでも気を付けなければいけないことは多数あることは知っておきましょう。一番多く、わかりやすいトラブルの例として、二重整形の手術が二種類あることと、その違いをわかっていなかったという事例があります。勝手なイメージを抱き、ほとんど説明を聞かないまま手術を受けてしまうとほぼ確実にトラブルとなるので、埋没法と切開法の違いは前もって予習しましょう。この二つの違いははっきりとしたもので、埋没法が瞼を糸で縫い付けるやり方で、切開法が完全にメスを使って切ってしまうやり方です。いわゆるプチ整形と呼ばれているのは埋没法で、これはあくまで糸で縫うだけとなっているためかなり安い費用で実行できます。さらに抜糸することで簡単に元の状態に戻すこともできるため、多くの人が気軽に受ける整形手術となっているのです。昔ながらの埋没法のイメージは、糸で縫った瞼が癒着してしまい、抜糸しても元通りにならない、さらには瞼が腫れてしまうというものとなっています。しかし、今は技術の進歩によって埋没法は術後数年たっても抜糸可能なので、気兼ねなく受けることができるのです。

二重整形の効果を恒久的なものにしたいなら糸で縫うだけの埋没法よりも、メスで切って整形する切開法こそが優れています。これは多額の費用が掛かってしまいますが、それだけ重要な、人生にかかわってくる手術となっているので気を抜かずに受けるようにしましょう。ただ、知っておかなければならない情報として、病院に行っていきなり切開法の手術を受けることはできないというものがあります。なぜ手っ取り早くやってくれないのかというと、切開法は抜糸などで元に戻せないため医師がかなり慎重になってしまうからです。まずは練習という意味で埋没法で二重にしてみて、それで患者が満足してから初めて切開法という本番に移っていくという段取りとなっています。このことを知っておかなければこの病院は適当な施術をして余計な費用を出させようとしていると考え、病院を変えようとすることがあるのです。これだといくら医師が慎重になっても、患者自身がトラブルに自分から突っ込むようなものなので、カウンセリングなどで説明をよく聞きましょう。そうすれば何も問題が生じることなく、切開法で確実に、恒久的に二重にしてもらうことができ、満足いく美容整形にしていくことができます。